木田舎滝宣言とは、木田舎滝の言葉を理想郷名詞として用いる由を宣言する所存である。

総記事数:81

2014年02月08日

【四首吟】右肩上がりに御役御免


|小売店、店舗は前線、店長は隊長、パート・バイトは二等兵。
|兵役は今や切り捨て雇用に大転換、兵隊募集も自由化す。
|すってんてんの売り上げに店舗縮小、戦で言えば現場即しんがり。
|しんがりに「ご苦労様でした」‥昔は位牌に念仏、今は生き恥さらして泣っき面。


|修羅場の現場で本音がぽろり「今日もよろしく戦争だ。」
|大事に懸ける順番は、安全、納期、予算かな。
|「なぜなんだ?」赤字を堪えて明日を得る‥失っていくのは夢と時間。
|時間を売って夢を買い、手にした夢とて赤字で買って、夢は何処?


|店に指導、経営に指導、文化伝統は黙して磨け。
|黙して磨くその心意気、繋げてみせよう買い手まで。
|出たからには、そこからの恥、そこからの誉れ。
|誉れ得む足取り長き道のりの沈んでも浮かんでも平らかな。


|「右肩上がり、右肩上がり‥」黒魔術の呪文です。
|直ぐにでも資本さえあればシェア拡大、信用も足踏みのくせに青くせぇ。
|「くせぇんだよ」信頼を積み重ねて明日がある、シェアなんて程ほどで十分。
|十分な安心作ろう暮らしのために、誰かの役に立つってそれだけのこと。
posted by 木田舎滝ゆる里 at 06:40| 日記2014 | 更新情報をチェックする

2014年02月06日

【歌紬】雪彷

1-1)0
|啼きささるシバれに埋もれて鶴の声
続き→
posted by 木田舎滝ゆる里 at 17:01| 歌紬 | 更新情報をチェックする

【四首吟】善意


|感銘せりし世界中の良きことをすべてするのは無理である。
|類に触りて良きことと、自分に取り込む縁故かな。
|中に立つ心誠に、期待はするな感謝せよ。
|余所に見む、誰も彼ものじれったさ、善意はどこでも主顧的自由行動なり。

posted by 木田舎滝ゆる里 at 16:20| 日記2014 | 更新情報をチェックする

【一行詩】花粉症

1-1)0
|スギ花粉、飛んでいっても根付くところ無し、悲鳴の叫びだ「ヘッ、ヘクション!!!」
続き→
posted by 木田舎滝ゆる里 at 04:44| 日記2014 | 更新情報をチェックする

2014年01月29日

【一行詩】ぼっちの石蹴り

1-1)0
|石蹴りや、ただ何となくの暇つぶし、下を向いて進む少年のぼっちの時間。
続き→
posted by 木田舎滝ゆる里 at 23:30| 日記2014 | 更新情報をチェックする

2014年01月27日

【五行歌】求道の心得


|まことを求めて道を旅(ゆ)く、その姿こそまことなりけり。
|祈りを尽くさんと日々を重(ゆ)く、その姿こそ祈りなりけり。
|巧みを極めんとその技を切磋琢磨する、その姿こそ巧みなりけり。
|健やかさを得んと元気を鍛える、身体と向き合って暮らすが健やかさなりけり。
|平和を欲して生命を紡ぐ、紡ぐ知恵に心骨砕くが平和を呼びけり。

posted by 木田舎滝ゆる里 at 13:46| 日記2014 | 更新情報をチェックする

2014年01月24日

【社会節】ダボス会議2014

1-2)0
|ダボス会議2014安倍首相、日本国民に予告もなく世界に表明‥またやらかす。
|スピードあるトップセールとは、世界の1%を自国民に見立てて約束することではない。
|苛立ちは、法人減税すなわちさらなる消費税増税を暗に語っていること。
|とばりに自国の秘密保護法を貼り付けて、中国の不透明予算を批判とは、どういう腹下し?
続き→
posted by 木田舎滝ゆる里 at 13:46| 日記2014 | 更新情報をチェックする

2014年01月22日

【一行詩】2の付く月は‥

1-2)0
|十二月・二月と2の付く月は目障りな、甘い香りは涙と不公平と陰謀の味。
続き→
posted by 木田舎滝ゆる里 at 20:42| 日記2014 | 更新情報をチェックする

2014年01月20日

【五行歌】俺のポジティブ

|人生とは、漕げば進む舟である。
|人生とは、時を重ねて膨らむ真珠である。
|人生とは、歩き出せば笑って終えたくなる人柄である。
|人生とは、後ろを向いて歩いても、真ん中を見いだして進める明日である。
|人生とは、巡り会いを信じて、物事を大切にし、交換を繰り返すわらしべ長者である。
posted by 木田舎滝ゆる里 at 14:47| 日記2014 | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。